地域福祉課岩澤です。

7月11日(水)、有馬小学校5年生のふくし教室“災害について”の授業にお伺いしました。
地域福祉課006①縮小

講師は、海老名災害ボランティアネットワーク会員の方に務めていただきました。
授業のなかで「目黒巻」を取り入れ、“自分が学校帰りに地震が発生した場合にどんな行動をとるか・・・・・”という学習をしました。
地域福祉課006②縮小

授業の最後に、今日の資料を自宅に持ち帰り、家族の方と災害(地震発生時)について、是非、お話ししていただきたいと伝えました。

有馬小学校では1・2年生の児童は「手話」3年生「筆記通訳」4年生「点字と車いす」5年生「災害・音声訳」6年生「誘導法」を学習いたします。
有馬小学校は全学年を対象として「ふくし学習」に取り組んでいます。
スポンサーサイト
2012.07.13 Fri l 地域福祉課 l top